マインドマップは脳に自然な思考ツール No.2 「脳の第一言語はイメージ」

マインドマップ 「HOUSE」
脳の第一言語はイメージ

塚原美樹です。

 

10年前、マインドマップの考案者であるトニー・ブザンが、日本で初めてインストラクター・トレーニングをした際に教えてくれたことの中でも、一番大切なことはこれじゃないでしょうか。

 

 「脳の第一言語はイメージである

 

この言葉を聞いて、あなたはどう思いますか?

 

何かを考える際に、私たちはまず「イメージ」を思い浮かべるというのです。

 

当時、私はこの話に膝を打つ思いでした。

 

これぞ、脳の使い方を理解する上で、最も重要な原理です。

 

言われてみれば、確かに私たちの脳は、日常の中で自然と「イメージ」を思い浮かべています。

 

たとえば、

 

 「昨日、何していた?」

 

と質問されたらどうでしょうか。

 

頭の中では、

 

 「えっと、昨日はAさんが来社したんだった。それで、あぁ、あの話をして、それから夜は……」

 

おそらく、こんな感じで思い出しながら、それぞれのシーンを思い浮かべていませんか?

 

思い浮かべていることは、つまり「イメージ」です。

 

記憶を引き出すときに、私たちが自然と使っているのは「イメージ」だったのですね。

 

また、

 

 「明日、何したい?」

 

と、休日の前に質問されたらどうでしょうか。

 

 「う~ん、まず、掃除と洗濯をしちゃってから、映画館でも行こうかなぁ、それとも公園でのんびりするのもいいなぁ……」

 

なんて考えながら、映画館のイメージや、この前予告編を見た映画の一コマを思い浮かべていたり、公園の様子を思い浮かべていたりするのではないでしょうか。この時もやはり「イメージ」を思い浮かべています。

 

未来のことを考えるときにも、私たちが自然と使っているのは「イメージ」なのです。

 

こう考えてみると、「脳の第一言語はイメージである」という言葉には納得ができますよね。

 

マインドマップは、それ自体が絵 (イメージ)のようにも見えますし、また、各所に絵 (イメージ)を入れられるノートです。

 

これは、「脳の第一言語はイメージである」という基本的な脳の原理に適ったものなのですね。

 

もちろん、マインドマップを使わなくても、この原理は活用できます。

 

今まで文字や言葉で表現してきたものを、「イメージ」で表現することで、より分かりやすくなるかもしれません。このブログの一番上に掲載したマインドマップなんて、まさしくそんな一枚ですよね。

さて、脳の第一言語については、こちらもあわせて読んでみてくださいね。