· 

コーチングにマインドマップを活用する

皆さんこんにちは!講師の岡べまさみち です。マインドマップはコーチングにも使えます!

皆さん、コーチングってご存知でしょうか?コーチングは対話によって、相手の想いを引出し、行動のモチベーションを上げて高いパフォーマンスを発揮させるコミュニケーションの技術のことです。

会社では、上司が部下に一方的に指示するばかりではチーム力が上がりません。目標や日限を与えることは時に必要ではあるのですが、それだけでは部下のモチベーションは上がりません。目的を共有し、チームメンバー自らがその意義を考え、行動のアイデアを出し、目標や日限を掲げた時に始めて高いパフォーマンスが生まれます。

人間は人間に質問されると物凄い勢いで頭を働かせます。自分一人で考えて行き詰まってしまったことも、色々な人と会話をすることで心が整理されたり、新しい発想が生まれたりしますよね。

コーチングはその作用を活かします。体系的に会話を組み立て、巧みに質問を投げかけることで、相手の方の頭と心の整理をお手伝いします。

私は5年ほど前にあるスクールでコーチングを学びました。実際のコーチングでは、相手が解決したいことをひとつのテーマとして、1時間程度で対話をして気付きを引出し行動のモチベーションを作り出していくことを目標にします。

実際にやってみるとわかるのですが、これが相当難しいです。私は相手の話をまったく覚えることが出来ませんでした。話のメモはとるのですが、見返してもどこに何が書いてあるかわからず役にたちません。

プロコーチ認定の資格試験に向けて練習を始めたのですが、初めはなかなか上手くいきませんでした。相当焦ったのですが、その時ひらめいたのが、マインドマップです。「そうだ、コーチングセッションにマインドマップを使ってみよう!」

試してみると効果は絶大でした。マインドマップは会話を素早くメモし、話を見える化することが出来ます。これほどコーチングに適したメモの取り方はありません。おかげで無事に認定試験も終え、実技テストの結果はかなりの高得点をいただくことが出来ました。

実際にマインドマップマップを書きながらコーチングを行った方からの感想をお伺いすると「頭がスッキリ整理された。」「考えが見る化するのでモチベーションが上がった。」と大好評です。

会話をマインドマップにメモをしながら行う、これはコーチング以外でもとても有効です。打ち合わせや会議、あるいはカウンセリングやコンサルティグの時にも活用出来ます。皆さんも是非活用して下さい。

 

(講師: 岡べまさみち)

#マインドマップ #mindmap #マインドマップの学校 #マインドマップの教科書 #岡べまさみち