· 

普段描いているマインドマップってどんなもの?

講師の安田裕美です。

 

マインドマップを思い浮かべたとき、あのカラフルで美術的なイラストが中心に描かれているものをイメージする方も多いのではないでしょうか。

でも、私自身が日常的に描くマインドマップは、黒一色やせいぜいカラーボールペン4色程度のものがほとんどです。
通常のメモを黒で記載していき、そこにマーキングをするときに赤、青、緑のボールペンでちょこちょこっと印をつける感じです。

これを「ミニマインドマップ」と言います。

ミニマインドマップで思いつくままに思いつく順にすべて書き出していった後で、
清書する必要があったり、さらに思考を深めたい場合にはカラフルなマインドマップ(フルマインドマップ)にしていくんですね。


いつも講座では、ミニマインドマップで思いつくままに描いた後で、フルマインドマップでさらに思考を深めるプロセスをお伝えしていきます。
写真は、実際に講座で使用している「車」をテーマにしたマインドマップで、ミニマインドマップで受講された皆さんのアイディアを洗い出した後、例としてフルマインドマップに記載していったものです。

普段描く簡便なミニマインドマップ、そしてフルマインドマップに描きなおしたことで思考がさらに深まっている様子がお分かりいただけると思います。

皆さんもぜひ、ミニマインドマップでメモを取ることからスタートしてみてはいかがでしょうか。

 

(講師: 安田 裕美)

#マインドマップ #mindmap #マインドマップの学校 #マインドマップの教科書 #安田裕美