マインドマップはどのように役立つ?


マインドマップがどのように役に立つのか、様々なシーンでの活用例と活用ポイントをご紹介します。

目的別

思考整理

「考えることが多すぎて、頭の中がゴチャゴチャ」という人は、とにかくマインドマップをかいてみましょう。

 

マインドマップをかいているうちに、頭の中が「見える化」されて、スッキリ整理されてくるはずです。

アイデア発想

マインドマップは、新たなアイデアを得るのに非常に優れたツールです。

 

全体を見ながら統合的に思考できるため、普通のノートを使っているだけでは行いにくい思考を助けることができます。

記憶

マインドマップの考案者であるトニー・ブザンは、学生時代から「記憶」について探求を続けていました。

 

マインドマップは、もともとは「記憶」のためのツールから始まったとも言えるのです。


読書

上手な読書の方法を身につけると、他の人の数倍のスピードで大量の情報を処理できるようになったり、多くの新しい知識を身につけることが可能になったりします。

 

マインドマップを活用することで、スピーディーで、しかも記憶に残る読書をすることができます。

コーチング

コーチングを実施しながら、クライアントとの話をマインドマップにしてみましょう。

 

クライアントは、話の内容が「見える化」されるため、自然と頭の中で自分の考えがまとまっていくのを感じるはずです。