マインドマップの学校 受講ガイダンス


マインドマップは、20世紀に生まれた新しい思考ツールです。

 

まず、基本を学び、使いこなしてみてください。

 

そして、マインドマップの魅力に引き込まれたら、教える資格を取得することも可能です。

マインドマップの資格制度について

現在、マインドマップに関する正規資格は、マインドマップの世界統括本部であるThinkBuzanが発行する資格のみです。

 

「マインドマップの学校」では、ユーザー資格である「プラクティショナー」と、自分が所属する組織内で「マインドマップ 入門講座」を正式に教えることができる、上位ユーザー資格である「アドバンス・プラクティショナー」の、それぞれの資格取得コースを、開催しています。


マインドマップを学ぶには?

マインドマップを習得するには、書籍やウェブサイトなどを参考にする方法もありますが、インストラクターの担当する正規の通学講座などで指導を受けることが、一番の近道になるでしょう。

 

マインドマップは、みるだけで真似できる部分もありますが、その奥に秘められたマインドマップの本来の良さを、十分に発揮するには、真似だけでは難しいかもしれません。

写真 「マインドマップ講座の様子」

マインドマップを使うには?

マインドマップは、「考える」ためのツールです。

 

つまり、「考える」ことが上手くできるようになることが、目的であり、マインドマップを作ること自体は、目的ではありません。

 

マインドマップの基本を学んだら、さまざまな用途に使ってみましょう。

マインドマップ 「ONE DIRECTION」 (作: 岡べ まさみち)
マインドマップ 「ONE DIRECTION」 (作: 岡べ まさみち)

マインドマップを教えるには?

「マインドマップ」は、商標登録されており、教えるためには、正規資格を取得する必要があります。

 

現在は、マインドマップを広く教えることができる「インストラクター」と、自分が所属する組織内の人たちに限って入門講座を教えることができる「アドバンス・プラクティショナー」という、2つの資格があります。

写真 「マインドマップ講座の様子」