· 

マインドマップでラクラク会議術

代表の塚原美樹です。

 

先日、長年お付き合いしている受講者の方と話をしていたら、

 

 「マインドマップで会議をすると、ものすごく上手く行きますねー」

 

とのこと。実践している人は、どんどんやっているんですね!

 

実際に、マインドマップでの会議は、早く話がまとまります。


今日は、ファシリテーター不在でできる「マインドマップ・ラクラク会議術」をお話ししますね。

 

(1) 全員がテーマに対する意見をミニマインドマップに書きます(5分程度)。

 

(2) 全員のミニマインドマップの内容をホワイトボード上の1枚のマインドマップに書きます。人別にミニマインドマップの内容をそのまま書くだけです。この時は1色でかいたほうが、あとで使いやすいです。このマインドマップをAとします。

 

(3) Aのマインドマップを見ながら、全員で話し合いをします。共通点や相違点を探します。共通するものは同じ色で丸をつけたり、同じマークをつけます。相違点は、矢印をつけます。マーキングや矢印を色ペンでつけるのがポイントです。

 

(4)相違点について、特に話を深めてみます。出てきた結論をホワイトボードのAのマインドマップに書き加えます。空いているところに、結論を言葉で書いたりして構いません。マインドマップの形が多少崩れても問題ありません。

 

(5)話がまとまってきたら、再度、マインドマップを作成してみます。今度は、カラフルなフルマインドマップが良いでしょう。まとまりごとに太いブランチ(メインブランチ)を伸ばします。メインブランチごとに色を変えましょう。このマインドマップをBとします。

 

(6)最後に、できあがったBのマインドマップを俯瞰してみましょう。さらに加えることがないか、関連しているところがないかなどをみんなで考え、さらに加えていきます。セントラルイメージに全員の気持ちを象徴するような絵を描いてみましょう。

 

いかがですか?


こんな風に会議を進めると、きっと、心に残る話し合いになるはずですよ。


ぜひ、あなたの会社などでもやってみてくださいね ♪♪♪
  
      (執筆: 塚原 美樹)

 

マインドマップを90分で体験できる「マインドマップ オープン体験会」はこちら。

 

マインドマップを無料で学べる「マインドマップ・ビデオ講座」はこちら。

 

 

 

塚原美樹講師の記事一覧はこちら

ブログの目次(コンテンツ一覧)はこちら