· 

マインドマップ・ファシリテーションのポイント

代表の塚原美樹です。

 

「良い会議ができれば、もっと仕事の生産性が上がるのに!」

 

と思ったことはないでしょうか?

 

実は、ファシリテーター役がマインドマップを使いこなせると、非常に良い会議になりますので、今日はそのポイントをお話しますね。

 

(1) ファシリテーターは「発散 → 収束 → 選択 → 発散 → 対話 → 合意」といった対話の流れを意識して、今、どのフェーズにいるのかをつかみましょう。

 

(2) 発散の場面では、ファシリテーターは会議のテーマに対して、自由に意見を述べてもらいながら、出てきた意見をホワイトボードのマインドマップにどんどん書きましょう。ミニマインドマップで構いません。色も1色で書きます。

 

(3) ある程度、出尽くしてきたところで、収束に移ります。ここでは、似たもの同士を同じ色で丸付けしていきます。こうすることで、バラバラだった話がいくつかにまとまってくるでしょう。ファシリテーター一人がまとめるのではなく、全員に確認しながらまとめます。


(4) いくつかに話がまとまったら、どの話を中心に話すかを選択してもらいます。決まったら、別のミニマインドマップでさらに発散しましょう。


(5) ある程度、出尽くしてきたところで、意見の違いがないかを確認しましょう。意見の違いが出てくるのは、クリエイティブなことが起きる良いチャンスです。意見の違いがわかったら、それぞれの意見の持ち主の考えを聞いて、ホワイトボードのマインドマップにどんどん書き加えましょう。


(6) 「自分ばかり話す」「相手を否定する」など、ルール違反をする人がいたら、質問を使って介入していきましょう。否定した言葉そのものをマインドマップに書くなどして、「今、生産的な会議になっていますか?」と場に投げかけたり、話に加われないでいる人に向かって「話しやすい雰囲気になっていますか?」と聞くと良いでしょう。いつでも、このような介入ができるように、「ファシリテーターが介入した際には、会議の参加者はその話を聞かなくてはならない」というルールを設けておくと良いでしょう。

 

(7) 介入によって、会議が少しクールダウンできたなら、さらに対話を進めてもらい、合意までのフェーズを進めていきます。

マインドマップを使うことで、会議の内容が「見える化」できるのがいいですよね。
ほかにも、マインドマップは様々なことに使えます。

 

 ・頭の整理
  (書くだけでスッキリ頭の中が整理できます)

 ・勉強
  (マインドマップにまとめると記憶でき、忘れません)

 ・読書
  (読みながら要点を書いておくと、早く読める上に忘れません)

 ・計画
  (1日、1週間、1ヶ月、1年など、さまざまな期間に使えます)

 ・アイデア発想
  (新規事業、実用新案アイデア、様々な企画など、アイデアが溢れ出ます)

 

実は、「マインドマップの学校」では毎週1回、「マインドマップ オープン体験会」を開催しています。

 

 「マインドマップ、なんとなく知っているけど、よく分からない」
 「役立ちそうな気はするんだけど、大丈夫かな?」
 「自分でも身につけられるのかな?」
 「セミナーで何が得られるの?」

 

そんなことを思っているなら、ぜひ一度、「オープン体験会」に参加してみてください。

90分と短時間ですが、一枚のマインドマップが描けるようになるとともに、どんなことに使えるのかのイメージが持てるようになります。


また、正規講座で学べることもご紹介しますよ。

 

マインドマップを一度しっかりと身につけておくと、一生涯に渡って、あなたの活動をサポートしてくれますよ。

 

ちょうど今、キャンペーン中で、通常価格5,400円(税込)のところ、キャンペーン価格3,240円(税込)でお申し込みになれます。

 

毎週、曜日や時間を変えて開催していますので、ぜひ、ご都合の良い日程を選んで参加してくださいね。


こちらのサイトに開催日程と詳細が掲載されています。
   ↓↓ ↓↓ ↓↓
 
  「マインドマップ オープン体験会」
   https://www.mindmap-school.jp/commute/introduction/mindmap-trial/
   
       (執筆: 塚原 美樹)

 

マインドマップを90分で体験できる「マインドマップ オープン体験会」はこちら。

 

マインドマップを無料で学べる「マインドマップ・ビデオ講座」はこちら。

 

 

 

塚原美樹講師の記事一覧はこちら

ブログの目次(コンテンツ一覧)はこちら