· 

マインドマップで発散→収束を意識しよう

講師の安田裕美です。

 

昨日「創業に関するセミナー」を実施してきました。


今回のセミナーでは、まず創業の第一歩として、参加者の皆さんに創業のイメージをつかんでもらうことが目的でした。

 

創業の準備にはいろいろありますが、はじめの難関は、事業のアイディアを作りこむことだと思います。


前回の記事でも書きましたが、「事業のアイディア」を作りこむときには、アイディアの発散と収束を意識して取り組むことがとても重要だと思います。

 

その時には、ぜひぜひマインドマップを活用してもらいたいのです。

 

まず、マインドマップの中心(セントラルイメージ)では、事業の成功をイメージするようなキラキラワクワクの絵を描かれるといいですね。

 

セントラルイメージが描けたら、自分はどんなことを経験してきたのか、得意なことは、好きなことは、といったことをどんどんどんどん「発散」させる。


また、やりたいこと、考えられること、可能性レベルのことや理想像なども、どんどん枝を広げていきます。

 

マインドマップは、連想しながら考え続けることができますので、思っていなかったアイディアが広がってくるのを感じることができますよ。

 

それが終わったら、改めて全体を見渡して、どんなことが考えられるのか、自分は事業を通じて何をしたいのか、どんな組み合わせがいいのか「収束」させていきます。

 

このように段階を意識して進めていくことで、自分自身に向き合うことができ、きっと新しいことが見えてくるはずです。

 

これらの方法は、独立する方だけでなく、新たなアイディアを考えたり、人生を見直したり、いろいろな時に使えるはずです。


発散と収束を意識して、ぜひ自分自身に向き合ってみてくださいね。

 

ちなみに、今回の画像は「花」が好きな方の創業について、ケーススタディとしてセミナーの中で参加者の皆さんと事業のアイディアを広げた例です。


グループでアイディアを広げるときにもマインドマップは役に立ちますね。
  

(講師: 安田 裕美)

  

マインドマップを90分で体験できる「マインドマップ オープン体験会」はこちら。

 

マインドマップを無料で学べる「マインドマップ・ビデオ講座」はこちら。