· 

マインドマップで頭を良くしよう!

代表の塚原美樹です。

 

マインドマップは世界中で使われている思考ツールです。マインドマップを考案したトニー・ブザンは、ノーベル平和賞に3度ノミネートされるほど著名な著述家にもなりました。

 

なぜ、マインドマップとブザンがこれだけ有名になったかご存知ですか?

 

ブザン本人から、そのきかっけとなった出来事を聞いたことがあるので、少しお話ししますね。

 

トニー・ブザンは若い頃、メンサという団体で仕事をしていたそうです。

 

メンサというのは、知能指数がトップ2%の人だけが入れる異業種交流会のようなもので、世界中にあります。日本にもジャパン・メンサがあります。

 

メンサで働いていたことがきっかけで、イギリスのBBC(英国国営放送)から教育番組の企画の相談を受けたのだそうです。

 

それが元になり、ブザンは「頭が良くなる本」を出版。

 

それがチャンスとなって、マインドマップは世界中に広まっていきます。

 

そう、マインドマップは便利なツールですが、もともとは、トニー・ブザンの頭を上手に使うための研究から始まったのです。

 

興味が湧きましたら、あなたもぜひ、この本を読んでみてはいかがでしょうか。
        
    (執筆: 塚原 美樹)
   

 

マインドマップを90分で体験できる「マインドマップ オープン体験会」はこちら。

 

マインドマップを無料で学べる「マインドマップ・ビデオ講座」はこちら。

 

 

 

塚原美樹講師の記事一覧はこちら

ブログの目次(コンテンツ一覧)はこちら