· 

問題発見力を高めるマインドマップ!

問題発見力を高めるマインドマップ!

代表の塚原美樹です。

 

12/7(金)に日本アクションラーニング協会の主幹企業となっている株式会社ラーニングデザインセンター様と共催で、「思考パターンを変えるプログラム」体験セミナーを開催します。

 

アクションラーニングというのは、20世紀初頭、イギリス人学者のレグ・レバンスが考案したチーム学習の方法で、現場の問題解決に取り組みながら、チームが学習をして能力を高めていくという手法です。

 

私は2007年からアクションラーニングを学び始め、受託させていただいた研修などにも取り入れてきたのですが、実は、マインドマップとアクションラーニングの組み合わせって、かなり役に立つのです。

 

アクションラーニングでは、「多様な視点」が生まれるようなチームの対話によって現場の問題解決に取り組むのですが、この手法を使うと、いわゆる「思い込み」に気づきやすくなります。

 

チームでの対話が上手くいくと、一人では気づきにくいことも、視点が増えるために気づけるようになるんですね。なので、自分の思考パターンや思い込みに気づくのです。

 

けれど、自分の思考パターンが分かったとしても、別の思考パターンを取る方法が分からなければ、変わりようがありません。そこで、マインドマップの出番です!

 

「問題解決型人材は育っているけれど、問題発見型人材が育っていない」なんていう話を、企業のご担当者様からよく聞きます。

 

問題発見力をつけるためには、問題ありきで通用した時代の従来の思考パターンでは上手くいかない。

 

さまざまな情報を集めて多面的に見て、それこそ、一人でも「多様な視点」が生まれるような思考をして、統合的に考えた時に問題発見が起きる。

 

統合的思考ツールであるマインドマップは、問題発見力向上にぴったりですね。

 

残念ながら、今回のセミナーは満席になってしまい、この記事でのご案内はできないのですが、また次の機会もあると思います。

 

次回、ぜひご参加くださいねー!!♪♪

 

    (執筆: 塚原 美樹)
   

 

マインドマップを90分で体験できる「マインドマップ オープン体験会」はこちら。

 

マインドマップを無料で学べる「マインドマップ・ビデオ講座」はこちら。

 

 

 

塚原美樹講師の記事一覧はこちら

ブログの目次(コンテンツ一覧)はこちら