· 

マインドマップでスピーチへの苦手意識を払拭するには?

皆さんこんにちは!講師の岡べまさみち です。

 

今日はスピーチの作成手順をご紹介します。

 

皆さんの職場に朝礼スピーチはありますか?

 

私は数ケ月に一度廻ってくるこの朝礼スピーチにとても苦労しました。

 

朝礼スピーチでなくても色々な場面で人前で話す機会は少なくありません。

 

そんな時マインドマップを使うと素早く簡単に、楽しいスピーチを作ることが出来ます。

 

次のような手順を取ると上手くいきます。

 

 

1. スピーチテーマに合わせたネタ出しをする。

まず、ミニマインドマップ(写真の左側です)でスピーチテーマで思い浮かぶことを色々書き出していきます。

この時あまりあれこれ考えずに思いつくことを思いつくまますばやく書き出すのがコツです。

 

2. スピーチで伝えたいことを決める。

一通り書き出し終えたら、全体を眺めてみて、言いたいことを一つ決めます。

スピーチで色々なことを散慢に話すよりは、ひとつのメッセージを主張した方が聞く方は受け取り易くなります。

 

3. スピーチのストーリーを考える。

話す順序にはいくつかのパターンがありますが、ここではPREPをご紹介します。

P・・・伝えたいことの結論を述べる。

R・・・理由を述べる。

E・・・例を述べる。(3つ程度あると良い)

P・・・最後に伝えたいメッセージを述べる。

 

4. 話す内容をまとめる。

PREPをフルマインドマップのメインブランチの上の言葉にします。(写真の右側です)

一つ一つの枝で話すことをマインドマップに書き込んでいきます。

最終的には、いくつかのイラストを入れて見やすくします。

 

5. マインドマップを原稿にして話す。

スピーチではこのマインドマップを原稿にして話します。

余裕があれば、このマインドマップを記憶してしまいましょう。

手元にメモとして置いておくだけでどこになにが書いてあるかパっと分かります。

活字で一字一句作られたモノよりもはるかに話しやすい原稿になります。

 

 

以上がマインドマップでスピーチを作る手順でした。

 

私はマインドマップをかくようになってからは、スピーチへの苦手意識がなくなり、むしろ「私に喋らせてくれ!」とさえ思うようになりました。

 

皆さんもマインドマップをスピーチに利用して下さい。

 

きっと苦手意識がなくなりますよ。

 

(執筆: 岡べまさみち)

  

マインドマップを90分で体験できる「マインドマップ オープン体験会」はこちら。

 

マインドマップを無料で学べる「マインドマップ・ビデオ講座」はこちら。