· 

マインドマップ講演メモには似顔絵を入れる!

マインドマップ講演メモには似顔絵を入れる!

代表の塚原美樹です。

 

先日、久しぶりに講演会に行きました。

 

とある外国の物理学者の講演会で、その時の内容をメモしたのがこのマインドマップです。

 

このマインドマップは、1時の方角からぐるっと時計回りに書いています。

 

最初は、話の内容が分からないので、「ミニマインドマップ」というスタイルで書き始めています。

 

ミニマインドマップは、太いブランチのないマインドマップで、まとまっておらず、ランダムに情報を書くことができるので、話の内容が見えない時に非常に便利です。

 

講演会の後半に入った時点で、その後の話の大きな柱が「教育」「経済」「都市デザイン」の3つであることが分かりました。

 

そこで、途中からは、太いブランチを作り、蛍光ペンで第1階層目の言葉に色をつけました。

 

ミニマインドマップを書きながら、このように途中から太いブランチを作るという手法は、初めてやったのですが、こういうのもアリですね!

 

講演会のメモを取る時は、各所に図を入れておくと、後から見た時、思い出しやすくなります。

 

講演会の最後、終わりの挨拶があった際に、急いで講演者の似顔絵をスケッチしました。

 

あまり上手ではありませんが、こうして似顔絵を入れておくと、その講演者の顔がありありと浮かんできて、記憶が上手く引き出されます。

 

上手に描けなくてもOKです!

自分が思い出せればいいだけです。

 

みなさんもぜひ、講演会メモを取る時には、講師の似顔絵を入れるようにしてみてくださいね!

 

     (執筆: 塚原 美樹)
   

 

マインドマップを90分で体験できる「マインドマップ オープン体験会」はこちら。

 

マインドマップを無料で学べる「マインドマップ・ビデオ講座」はこちら。

 

 

 

塚原美樹講師の記事一覧はこちら

ブログの目次(コンテンツ一覧)はこちら