· 

マインドマップをタブレットでかく

マインドマップをタブレットでかく

代表の塚原美樹です。

 

私はここ数年、マインドマップをほとんどタブレットでかくようになりました。

 

使っているのは、iPadとApple Pencil です。

 

最初は、iPad proの初代モデルで12.9インチのものを買いました。

 

やはり、マインドマップをのびのびかくには、大型ディスプレイはいいですね。

 

けれど、問題もありました。

 

やたら電池を食うのと、とにかく重いのです。

 

ですので、これはあくまでも自宅用にすることにしました。

 

 

次に買ったのは、第6世代のiPad、9.7インチです。

 

第1世代のApple Pencilに対応しています。

 

画面は小さいですが、とにかく軽くて持ち歩きやすいです。

 

なので、私の場合には、自宅では大型、持ち歩きは小型と使いわけるようにしています。

 

両方で作成したファイルをクラウド経由で同期できますから、まったく問題ありません。

 

利用しているアプリはMeta Moji Note。

 

ほかにも良いアプリがあるのではと思いますが、私はずっとこれを使っています。

 

ペンの種類が豊富なところが気に入っています。蛍光ペン、色の濃淡や透明度もほぼ無制限に指定できるので、マインドマップの絵を描くときには本当に便利。

 

絵を描くのが楽しくなりますよ!

 

ちなみに私は、タブレットでかくマインドマップを「デジタル・フリーハンド・マインドマップ」と名付けています。

 

さて、このマインドマップ、何を描いたか分かりますか?

 

映画ETで、主役の少年エリオットがETを守るために自転車で逃げるとき、ETの力で自転車が空に舞い上がるシーンを、セントラルイメージに描いてみたんですよ。

 

こういうの、タブレットでなかったら描けませんでした!

 

いかがですか?

 

ぜひ、あなたもデジタル・フリーハンド・マインドマップ、やってみてくださいね!

 

     (執筆: 塚原 美樹)
   

 

マインドマップを90分で体験できる「マインドマップ オープン体験会」はこちら。

 

マインドマップを無料で学べる「マインドマップ・ビデオ講座」はこちら。

 

 

 

塚原美樹講師の記事一覧はこちら

ブログの目次(コンテンツ一覧)はこちら