· 

働く女性にこそお勧めしたいマインドマップ

こんばんは! 代表の塚原美樹です。

 

家事も仕事も子育ても・・・


働く女性って、本当に忙しいですよね。

 

私も、長年、ワーキングマザーをしているので、その大変さはよく分かります。

 

疲れて仕事から家に帰ってくると、学校や保育園からのお知らせ通知があって、それを読んで対応しないとならないし、突然、明日までに何かを用意しなくてはならなくなったりして、あたふた・・・。洗濯物も、子供がいると山のよう・・・。

 

夕食が取れるのは、23時すぎなんていうことも、しょっちゅうでした。

 

そんな生活の中、ゆっくり心を落ち着ける時間がないと、心も磨り減ってしまいますよね。

 

そんな時に、ぜひお勧めしたいのが、一日の振り返りのマインドマップです。


さあ、リビングのテーブルに、ノートとカラーペンを持ってきましょう!


この場合には、慌ててはダメです。ゆっくりした気持ちになるのが大切です。

 

まず、マインドマップの真ん中の絵、セントラルイメージを、ゆっくり描いてみましょう。季節の花や風景など、心の安らぐものを描くといいです。上手に描けなくても問題ありません。

 

次に、第1階層目のブランチ(メインブランチ)を5本描きましょう。好きな色でカラフルに描きます。丁寧に塗りつぶしていると、だんだん気持ちが落ち着いてきますよ。

 

そして、それぞれのブランチの上に、

 

 「でき事」
 「生活」
 「気づき」
 「明日」
 「注意事項」

 

と、言葉を書いてみましょう。

 

このあとは、この5つの言葉について思い浮かぶことを、連想のままにどんどん書いていきます。具体的に、何を書くのかを解説しますね。

 

「でき事」: 今日起きたことを振り返って書きます。つまらないと思うようなことでも、書いていると、いろいろなことが思い浮かんできます。

 

「生活」: 今日の生活がどうだったのか、主に、「食事」「睡眠」「運動」「人間関係」について、書き留めます。

 

「気づき」: 上記二つを書いてみると、気づくことがあるでしょう。そうしたら、その気づきを、この欄に書き留めます。

 

「明日」: 明日やるべきこと、明日やりたいことを書き留めます。

 

「注意」: 明日、気をつけたいことを書き留めます。

 

このマインドマップをかいていると、だんだん心が落ち着いてくるのを感じると思います。

 

忙しいからこそ、自分に向き合ったり、振り返ったりする時間は、とても大切。

 

夜、リビングのテーブルの前に座って、ほんの20分。マインドマップを描くだけで、心が落ち着き、ゆっくり眠れること間違いなしです!


 
写真は、先週日曜日の「マインドマップ プラクティショナー 1日集中講座」にご参加のみなさんです。


どうしたことか、女性ばかりのご参加だったのです。(笑)

 

やはり、女性にはマインドマップは、ものすごく向いています。

 

あなたもマインドマップをかいて、一日の疲れを解放しちゃってくださいね。 ♪♪♪


(執筆: 塚原 美樹)

 

マインドマップを90分で体験できる「マインドマップ オープン体験会」はこちら。

 

マインドマップを無料で学べる「マインドマップ・ビデオ講座」はこちら。

 

 

 

 

塚原美樹講師の記事一覧はこちら

ブログの目次(コンテンツ一覧)はこちら