· 

マインドマップで子どもの朝準備時間を短縮

マインドマップで子どもの朝準備時間を短縮

講師の安田裕美です。

 

4月、いよいようちの長男が小学校に入学します。

 

母親としては、ランドセルをはじめとする学校の準備に大忙し、必要なものを買い揃えたり、名入れをしたりといろいろと大変です。

 

とはいえ、うちの息子はのほほんとしており、時間を見ながら自分で考えたり、朝、家を出るまでの準備を自分ですることができていません。

 

気が付けば、「顔を洗いなさい」「ご飯食べなさい」「靴下はいた?」と口うるさく、毎日のように怒鳴ってしまっています。

 

そこで、子ども達にとっても「やることの見える化」が有効だと聞いたのを思い出し、またマインドマップに描くことにしました。

 

毎日言われていることなのに改めて聞くとすぐに思い出せないようで、マインドマップに向き合いああだこうだ言いながら朝の動きをイメージしてもらいました。

 

描いたマインドマップを見ながら「この順番でやらなければいけないの?」と聞かれたので、自分で考えてやってごらんと伝えました。

 

口で言うよりも目に見えたほうがわかりやすいですし、リストにするよりも自由に考えやすかったようですね。

 

明日から朝のお小言が減るといいのですが。

 

とにかくマインドマップに戻りながら、試行錯誤を繰り返したいと思います。

 

(執筆: 安田 裕美)

 

 

マインドマップを90分で体験できる「マインドマップ オープン体験会」はこちら。

 

マインドマップを無料で学べる「マインドマップ・ビデオ講座」はこちら。