· 

お子さんの夏休みの宿題にマインドマップを取り入れみた

お子さんの夏休みの宿題にマインドマップを取り入れみた

講師の安田裕美です。

 

いよいよ、夏休みも本格化してきました。

うちの長男は小学1年生、初めての夏休みを迎えています。

 

夏休みということで宿題に追われるイメージがある方も少なくないと思いますが、1年生ということであまり宿題は多くありません。

特に私が仕事をしているので、日中過ごす学童での学習時間で十分に終わってしまう感じです。

 

そこで、地域の「図書館を使った調べる学習コンクール」にチャレンジしようということに。

 

「何か知りたいことある?」「調べたいことある?」と聞いてみたのですが、相変わらずイマイチの反応で、やっと答えたと思ったらいっちょ前に「AI」について調べたいというではありませんか。

 

もっと子供らしいテーマがいいなと思いつつも、「調べる学習」自体がイメージできていないのかもしれないと思い直し、マインドマップで書かいてみることにしました。

 

マインドマップの中心の絵(セントラルイメージ)には、コンクールのキャラクターのシラベルくんを描いて、その周りにどんなことをするのか説明しながらかいてみました。

さらに、過去の作品なども見せながら、イメージを掴んでもらいました。

 

この後、このマインドマップを使いながらいろいろなアイディアを広げたり、まとめたりしてみたいと思っています。

 

皆さんも、お子さんの夏休みの宿題にマインドマップを取り入れてみませんか。

 

(執筆: 安田 裕美)

 

 

マインドマップを90分で体験できる「マインドマップ オープン体験会」はこちら。

 

マインドマップを無料で学べる「マインドマップ・ビデオ講座」はこちら。