· 

2時間講義とマインドマップの相性

こんにちは! インストラクターの辻󠄀理恵です。

 

今日は仕事や学びで使えるマインドマップ活用法をかきます。

具体的に言うと「2時間講義をマインドマップでまとめる」方法です。

 

皆さんもご存知だと思いますが、講義やセミナーというのは1コマ90分~120分が多いです。

何故かというと、人間の集中力はそれ以上はもたないからです。

なので、授業にしろセミナーにしろ大体2時間で設定されています。

 

で、この2時間という時間とマインドマップはとても相性が良いです。

A4サイズの紙だと、情報が多すぎず少なすぎず1枚でまとまるからです。

 

例えば、今回のマインドマップは2時間の講義をまとめたものですが、

実際のレジュメは30枚以上ありました。

後で振り返ろうと思うと、かなり気合が必要ですよね。

でも、マインドマップなら1枚なので振り返りが楽々です。

 

やり方は簡単です。

 

①A4サイズの紙と黒いペンを用意する

②セントラルイメージに講義やセミナーのテーマをかく

③講義の流れは無視して、自分が大事だと思うキーワードだけブランチにのせる

④最後に俯瞰する

⑤特に大事だと思うポイントを目立たせる(当日でも後日でもOK)

 

この方法だと、一見乱雑に見えますが、自分が何を捉えたのかが分かります。

「後でキレイにまとめる」というストレスからもおさらばです。

そして、新しい講義やセミナーを受けるのが楽しくなります。

 

今回のテーマは「FPが知りたい2021年税制改正のポイント」というヘビーな内容でしたが、大体概要はつかめました。

「お得な税制はどんどんなくなる」というのが私の理解でした笑。

 

皆さんも、日頃受ける機会が多い2時間講義をこんな風にまとめてみませんか?

キレイに書くストレスを手放して、新しい学びを習得していきましょう!

 

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

「マインドマップで思考の整理力アップ」

https://www.mindmap-school.jp/mindmap/how/organize-thinking/

 

(執筆: 辻󠄀 理恵)

 

マインドマップを90分で体験できるマインドマップ オンライン体験会はこちら。

 

マインドマップを無料で学べる「マインドマップ・ビデオ講座」はこちら。