· 

マインドマップで家の大掃除の時間が確保できました

マインドマップで家の大掃除の時間が確保できました

講師の安田裕美です。

 

先日も、「マインドマップ プラクティショナー 1日集中講座」(マインドマップの基礎講座)がありました。

いつも講座の中のワークで一週間のTO-DO-LISTを描いています。今回も一緒に取り組むことにしました。

 

まずはとにかく、ミニマインドマップ(一色で書くメモ式のマインドマップ)でやらなければならないことを書き出します。

そのあとで、何にどれくらいの時間がかかるのかを見積もり、1週間のスケジュールとして組みながらマインドマップ(カラーのもの)にまとめていきます。

 

今回は、梅雨明けもそろそろかと思ったので、セントラルイメージ(真ん中の絵)にはひまわりを描いてみました。

顔は、少しパワーというか、力強さを出したいと思い、眉毛を強めに表現。

 

絵が苦手で仕方のなかった私が、顔の表情を気にするようになるなんて、という一つの気づきがありましたよ。

 

また、今週は前半頑張れば、なんとか週末には家の大掃除に着手できそうだとわかりました。

何とかすっきり、効率的に動ける部屋にしたいとずっとモヤモヤと思っていたので、ちょっとホッとした気持ちになりましたよ。

 

やっぱり、箇条書きのTO-DO-LISTと比較すると、1枚の紙で全体を見通すことができるので忙しさなどを把握することができますし、ゴールイメージ(パワフルに突き進んで夏をすっきり迎える目標)が明確になりワクワクしてくるのも、大きなメリットだと思います。

 

皆さんも、楽しいゴールイメージを描いてTO-DO-LISTをワクワクするものに変えてみませんか。

 

(執筆: 安田 裕美)

 

 

マインドマップを90分で体験できる「マインドマップ オープン体験会」はこちら。

 

マインドマップを無料で学べる「マインドマップ・ビデオ講座」はこちら。