カテゴリ:丸山清武



【バックナンバー】Facebook · 7月 14日, 2023年
さーて、どうする?今後の事業展開
ちょうど、この7月末で私の会社は決算を迎え、3期目が終わります。 4期目の展開は?、事業計画は?、なんてことも頭をよぎりますが、 年頭に、今年の目標みたいなものを3つ上げていたなぁ、と少し振り返ってみます。 (1)パートナーシップを組める協力者を見つけて、ひとりビジネスをより前に進めたい。 =これは、地元県内でも協力者が一人、二人と見つかり、協力体制ができ、パートナーシップが組めそうです。 (2)はストック型のビジネスをより強化する意味。労働集約型では持続性に乏しい。 自分が手掛けた物件が、資産となり、稼働して利益をもたらしてくれる、その基盤を強固にする。 =残念ながらこれはまだ手つかずです。ダメダメ、巻き返すぞー。 (3)は自分のプライベートのことになりますが、コロナ禍もあって人に会うことが少なくなったので、 バイクに乗って人に会いに行き、バイク好きとつながり、新しい出会いがあると楽しい。 なんか、薪ストーブとバイクって、男の人好きでしょ。男のロマンみたいで相性がいい!と思って。 =6月29日に無事大型自動二輪の免許を取得したが、バイクはまだ買っていない。
【バックナンバー】Facebook · 6月 09日, 2023年
かいて終わりにしないマインドマップ
今回は、【かいて終わりにしないマインドマップ】です。 マインドマップに関するソフトやアプリがいくつかありますね。 最近、ちょっと良いことを思いつきまして。 仕事でいくつかのことを同時並行で行っています。 具体的に言うと、施工の現場がいくつかあり、それぞれの現場が色々な段階で進行しています。 新築住宅やリフォームの住宅、まだプランニングの段階、納品のタイミング待ち、と。 それに加えて、物品の納品やメンテナンスの要望、ショールームでの相談。 こういったケースで主に用いられるソフトやアプリが「ガントチャート」です。 時系列だったり、案件ごとだったり、今どういう状態で、次の工程や、誰が何をするか、チームでその情報を共有して、進めていきます。 私は、ひとりで仕事をしているので、「情報共有」よりも「備忘録」的な要素があればよくて、 作業忘れや、漏れ、未処理が無いようにチェックしていきたい。 そして、予定変更や、完了チェック、案件の追加、加筆修正、ができれば良い。 ソフトを用いてかくマインドマップは、これを満たしてくれる。 ソフトの良い点は、何と言っても編集がやりやすいところでしょう。
【バックナンバー】Facebook · 5月 09日, 2023年
カラーペンや色鉛筆を使ってマインドマップをかく
今回は、【カラーペンや色鉛筆を使ってかくマインドマップ】です。 マインドマップのインストラクターの中に、「文具大好き!」と自称する大澤 健広(おおさわたけひろ) 講師。 大澤講師は、いろいろなカラーペンや色鉛筆を使って、その使い心地、タッチの違い、ノートとの相性などを楽しんでいます。 加えて、デジタルの分野にも長けているので、マインドマップのソフトなども使いこなしています。 iPadやソフトなどを使ってかく場合は、よりカラフルな色を使えますし、グラデーションをつけたり、表現方法も無限大です。 さて、今回はアナログなカラーペンと色鉛筆を使って、無地のノートにマインドマップをかくところをお見せします。 私は毎日、本を読むことを習慣にしていますので、本の内容をマインドマップにします。 ひとりでただ読むだけだと心が折れるので、仕組みとして朝7:50から8:10までと時間を区切り、 ツールとして音声アプリClubhouseを使って、その時参加できる仲間と本を読んで、感想をシェアしています。
【バックナンバー】Facebook · 4月 17日, 2023年
ケーキの切れない非行少年たち
今回は、読書のマインドマップです。私は毎日、本を読むことを習慣にしています。 ひとりでただ読むだけだと心が折れるので、仕組みとして朝7:50から8:10までと時間を区切り、 ツールとして音声アプリClubhouseを使って、その時参加できる仲間と本を読んで、感想をシェアしています。 コロナ禍で、一時期爆発的に流行ったClubhouseをまだ利用しているなんて、と思われるかもわかりませんね(笑)。 仕事があるときはできませんが、誰も参加されなくてもひとりで読んでいます。 さて、今回は「ケーキの切れない非行少年たち」という本です。 新書で購入し、その続編「どうしても頑張れない人たち」をKindle Unlimitedで読んで、さらにマンガ化されたものを読んでいます。 児童精神科医である著者が、少年院で多くの非行少年と接する中で、我々が知り得ない実態について書かれています。 表紙にもある、非行少年が「三等分」したケーキの図からも、この本の中身が気になります。 認知力の弱さから、ケーキを等分に切ることすらできない非行少年。 境界知能、グレーゾーン、人口の十数%いると言われる人々。
【バックナンバー】Facebook · 3月 10日, 2023年
やっていないことを試す時のマインドマップ
今回は、普段心がけていることの一つ、「やっていないことを試す」ということについて書きます。 自分がまだやっていないことをやるときは、多少の勇気と勢いが必要な場合もあります。 見よう見まねでやって、自分なりに工夫することも必要でしょう。 身体の使い方、頭の使い方も、今までとは異なる動きをします。 柔軟性が必要ですね。 このマインドマップに関して言うと、「iPadでマインドマップをかく」ということを今やっています。 手書きのマインドマップばかりかいていましたが、数日前からiPadのフリーボードという無料のソフトを使って、毎朝かいています。 今さらそんなことか、と思われる方も多いと思いますが、そんなことなんです。 皆様にお見せできるようなマインドマップではありません。 ミミズがはったようなブランチやワードですね。 iPadでかくとデータとして保存できますし、振り返りも簡単。 付け加えたり、消したりも自由自在。 バッテリー切れの場合は諦めますが、結構重宝することに気づきました。
【バックナンバー】Facebook · 2月 13日, 2023年
頭をよくするには、読書をしよう!
今回は「頭をよくするには、読書をしよう!」というテーマでお送りします。 「読書をしよう!」だけだと少し弱いので、 読書をして、その内容をマインドマップでまとめるところまでやってみましょう。 今回は、人間の頭をよくする、 自分で考える、自分の考えたことを表現する、そこにフォーカスしたいと思います。 読書をして、そこに書かれている内容を理解し、 マインドマップというツールを使って表現するというトレーニングです。 この表現するところが苦手という人が多いのではないでしょうか。 なんとなく、頭の中にはあるのだが、どう表現したら良いのか? どう表現したら、うまく伝わるのか? ココなんですよね。 順序、区分け、関連性、階層、対比、具体例、などなど。 今回は「ジャーニーシフト」という本を読みました。 その本のなかに書いてある、 「これから企業が提供していかなければならないのは、 モノや情報、瞬間的な道具としての価値ではなく、 顧客の成功体験を実現させるための行動支援である。」 という点が一番印象に残ったので、その部分をマインドマップにまとめてみました。
【バックナンバー】Facebook · 1月 09日, 2023年
2023年を少しでも意味のある一年にしよう
今回は2023年の年頭の計画、今年の目標みたいなものを考えたことについて書きたいと思います。 「マインドマップひとりブレスト」です。 <転がるように駆け抜けた> 昨年始めた薪ストーブの事業を前に進めるのに精一杯だった2022年。 毎朝の読書の習慣は年間通して行いましたが、その読書に明確な目的があったかというと、 「ただ、読んだことのない本に出会う」というだけで、読書自体は習慣化できたものの、 何か得たものは…と今考えてみると、記憶に残っている本が何冊かあるだけのような。 <習慣化のその先には> 明確な目標を立てて、達成するためにやる続ける。 何も考えずにやることができるようになった次のステップは、 その継続していることに「意味を持たせる」こと。 <2023年はどんな年にしようか?> (1)ひとりビジネスをより極める (2)ワーケーションのできる貸別荘を作る (3)大型バイクに乗る <読書と発信> 読書は大半がビジネス書です。 自分のビジネスの課題解決のヒントを得るために朝の読書をしよう。 発信については、当初講師の仕事をする上で、人前で話すということに慣れるために始めたんだった。
【バックナンバー】Facebook · 11月 08日, 2022年
1日のTODOリストをマインドマップでかく
今回はマインドマップの使い方について投稿させていただきます。 その中でも、「1日のTODOリストをマインドマップでかく」について。 私は、ほぼ毎朝その日にやることをマインドマップを使ってかき出します。 これいわゆる「TODOリスト」ってやつです。 毎朝Clubhouseというアプリを使って仲間と「マインドマップを使って一日の予定を考えよう!というタイトルのルームを8時15分から8時30分までの15分間やっています。 8時15分スタート 「90秒でセントラルイメージをかきましょう」 「次に3分とりますので、本日のタスクをかき出しましょう」 「では、90秒でかき出したタスクに、工数(どれくらい時間がかかる)や、優先順位をつけて行きましょう」 「最後に90秒で、スケジューリングをして行きましょう」 8時30分終了! てな感じです。 マインドマップは、自分の考えを実行に移すためのツールです。 Clubhouseは、毎日のTODOリストを作る習慣化のツールです。 皆さん、こういうツールを使いこなしてなんぼですよ。 まずは、参加するところから始めましょう。
【バックナンバー】Facebook · 10月 14日, 2022年
マインドマップの使い方
私は、2022年5月に地元の小さな会社をM&Aにより引き継ぐことになりました。 その5月から始めた事業が「薪ストーブ事業」なのですが、ゼロスタートだったわけではなく、 事業の譲渡だったことから、既存のお客様もいらっしゃいました。 その事業も季節性があり、冬に近づくに連れて忙しくなってきました。 仕事に忙殺されると、ミスが出たり、出戻り作業がでたりと効率も下がります。 そこで、時間を作ってマインドマップを使って、現状と向き合います。 そんな時間を意図的に作り、今の自分と向き合うことで、アイデアが出やすくなります。 私は主に、マインドマップというツールを使って、ビジネス上の問題点の解決策や新しいアイデアを紡ぎ出します。 皆さんも、使いこなせるようになりたくありませんか? 「忙しい、忙しい」と呪文のように唱えながら一日が終わっていませんか? そんな方にこそ、このマインドマップと言うツールを使ってもらいたいですね。
【バックナンバー】Facebook · 9月 09日, 2022年
セミナーの内容を一枚のマインドマップにまとめる
今回は、不動産投資に関するセミナーに参加して、その内容をマインドマップにまとめました。 2022年の市況を始め、投資対象を区分、一棟モノにするか、個人、法人の別。 土地、建物、金融機関、投資家マインド、に至るまで。 テクニックの話から、マインド(心構え)の話も聴けました。 私はセミナーを聴講しているときにマインドマップでメモを取ります。 出来上がったマインドマップだけ見ると、なんとなく放射状にバランスが取れているように見えますが、セミナーを聴講しながらメモを取るようにかくマインドマップは、かなり歪です。 人に見せるためにかく時もありますが、基本は頭の中を見える化して、思考を整理する道具ですから、あまり気にすることはありませんよ。 マインドマップの使い方の一例として参考になさってくださいね。

さらに表示する