マインドマップの簡単アイコン No.29 「考える」の描き方・使い方

アイコン 「考える」 (作: 塚原 美樹)
簡単アイコン 「考える」

塚原美樹です。

 

今日の「簡単アイコン」は、「考える」です。仕事でもプライベートでも、考えることはたくさんあるのではないでしょうか。ですので、「考える」アイコンは結構、出番があるはずです。

 

簡単アイコン「考える」は、漫画風な目の絵で表現します。人は考える時には、黒目が上のほうに上がるんですよね。

 

 

 

マインドマップを90分で体験できる「マインドマップ オープン体験会」はこちら。

 

マインドマップを無料で学べる「マインドマップ・ビデオ講座」はこちら。

 

マインドマップ 「旅行の予定」 (作: 塚原 美樹)
簡単アイコン 「考える」を使った旅行の予定のマインドマップ

1.マインドマップの簡単アイコン 「考える」の描き方

さて、簡単アイコン「考える」は次の手順で描いてみましょう。

 

まず、両方の目の輪郭を左下のほうに描きます。ちょっと長めの丸を描けばいいです。

アイコン 「考える」 (作: 塚原 美樹) ~ 目の輪郭を縦長に描く
描き順・その1: 目の輪郭を縦長に描く

次に、黒目を描きましょう。右上のほうを見ているように描いてください。こんな感じです。

アイコン 「考える」 (作: 塚原 美樹) ~ 右上を見ているように黒目を描く
描き順・その2: 右上を見ているように黒目を描く

次にまゆを描きます。まゆは左右の間を少し離して、やや下がり気味に描くと、タレ目で、まぬけな可愛い感じが出ます。あまり下がり眉にしてしまうと、悲しい顔に見えるので、ほどほどの下がり具合にしてください。

アイコン 「考える」 (作: 塚原 美樹) ~ 眉をやや下がり気味に描く
描き順・その3: 眉をやや下がり気味に描く

最後に頭の中で何か考えていることが分かるように、吹き出しと、はてなマークを描き入れます。

アイコン 「考える」 (作: 塚原 美樹) ~ 吹き出しとはてなマークを描き入れて完成!
描き順・その4: 吹き出しとはてなマークを描き入れて完成!

なんとなく考えているイメージになりましたでしょ?

2.マインドマップの簡単アイコン 「考える」の使い方

簡単アイコン「考える」は、計画を考えたり、企画を考えたりと、いろいろなシーンで使えそうですよね。

 

このマインドマップは「旅行の予定」をかいたものです。左上のメインブランチの上に、「考える」アイコンがかかれています。旅行中に、自分の健康や、来年の目標、家族の今後について考えたいということを書いているのです。

マインドマップ 「旅行の予定」 (作: 塚原 美樹)
左上に「考える」がアイコンで描かれている

簡単アイコン「考える」。あなたも、ぜひ使ってみてくださいね。

 

ちょっとしたアイコンがあるだけで、マインドマップがぐっと分かりやすくなりますよ!

 

マインドマップを90分で体験できる「マインドマップ オープン体験会」を定期的に開催しています。1枚のマインドマップをかくことができ、学び方も分かりますので、マインドマップをきちんと学びたいと考えているなら、ぜひ一度ご参加ください。

 

なお、ミニマインドマップのかき方について、以下の記事を書いていますので、こちらもあわせて読んでみてください。

 

マインドマップを90分で体験できる「マインドマップ オープン体験会」はこちら。

 

マインドマップを無料で学べる「マインドマップ・ビデオ講座」はこちら。